南アフリカがロシア、中国と軍事演習 BRICSの一員としてロシアにつきそう

報道記事:ロシア、中国・南アと24日から合同軍事演習 西側警戒

[23日 ロイター] – ロシア海軍は、中国、南アフリカ両国海軍と24日から合同演習を行う。ロシアのウクライナ侵攻から1年のタイミングでの実施に西側諸国は警戒している。

プーチン大統領は23日の演説で、核戦力の一段の強化に努めると表明し、海上発射型の極超音速巡航ミサイル「ツィルコン」の大量納入を開始すると述べている。

演習は10日間の予定で、南アフリカの東岸沖で行われる。

アフリカでは、ロシアのウクライナ侵攻を巡り西側に同調しない国が多い。南アフリカも、欧州連合(EU)や北大西洋条約機構(NATO)諸国が懸念を示す中、演習の主催について「南アフリカ政府の立場は、異なる意見と同様に尊重されるべき」(南ア軍幹部)としている。

ロシアのタス通信は今月、演習でロシア軍のフリゲート艦がツィルコンの発射演習を行うと報道した。しかしロシア海軍の高官は22日のブリーフィングで極超音速兵器は演習で使用しないとの見通しを示した。

ロイター

【コメント】
ロシアの味方が少ないと思われる中、南アメリカはロシアについたようだ。ロシア、中国とともに軍事演習を実施する。

その昔、南アフリカで人種隔離政策のアパルトヘイトが行われていたころ、欧米はそれを見て見ぬふりをしていた。そこを当時のソ連が反アパルトヘイト側を支援していたそうだ。今、ロシア側につこうとしているのは理解できる。

ロシアや中国にとって南アフリカが強い味方なのかどうかはわからない。少なくとも世界は欧米の価値観一色ではないようだ。むしろ欧米よりの方が少ないのかもしれない。実際には経済力や軍事バランスによって小国の意思は変わる。

少しずつブルーチームとレッドチームが明確になってきている。

タイトルとURLをコピーしました